木の家NEWS|スタッフのひとりごと

 

木の家 NEWS

HOME > 木の家 NEWS:スタッフのひとりごと

木の家 NEWSのカテゴリーを選んでください。

総数529件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106

月に一度のいけばな教室。
こないだ行ったと思ったのにあっという間に二回目がやってきました。
うれし♪

今回はお祭のお花。

10−1

三色の菊と花器と水で五色を表しているそうで、
先生いわく、この花が活けてあると「あ、お祭りやな」と思うそうです。

知らなんだ〜。

先生の「もし菊が好きじゃなかったらつまらんやん?」という計らいで
もうひとつ。

10−2

ススキとヒメヒマワリとホトトギス。
はい〜、私はまだ菊だけよりこちらが好きであります。


お茶菓子は銀杏で。

10−3

あっという間のお稽古タイムでありました。

玄関と床の間に花があると、やはり嬉しいです。

照明を当てて、しばらく眺めて。 

上手くないんですけど、赤ちゃんのように見飽きないんですよね。




宮本輝の「草原の椅子」が映画化されるそうで。

学生の頃に宮本輝をずっと読んでいた時期がありました。
しまってある古い匂いのする文庫本を引っ張り出してきて再読しようと思います。

全然内容を覚えてないなー、読書ってそういうものですかね。。。


読書家でない私は手っ取り早く映画を観てしまうタイプですが、
原作を読んでいる人は映画化されてイメージと違う!
と思うことってたくさんあるみたいですよね。

興味深いなといつも思います。


最近読んだ本は「おおかみこどもの雨と雪」

おおかみこども

これは映画にすること前提のものなので、「映画化」というのとは違いますかね。

とにもかくにも感動しました。
印象的だったのは母(花)の笑顔でした。

今の現場は古民家の改装をしているのですが、その屋根裏で御幣を発見。

65歳

この現場は天井撤去の上、小屋組現しにするので、棟木に釘付けされていた
この御幣はとりあえず地上に。

昭和弐拾弐年」と書いてあるので、築65年ですか。

まだまだいけそうです。




古民家

これは1階の和室天井板を2階から見たところです。

真ん中に見える竹はイナゴと呼ばれる反り止めです。
あるいは板にきれいな反りが出る様にする為のものでしょうか。

昔は竿縁天井に無垢板を張る場合に用いましたが、
最近は合板が多くなって、めっきり使わなくなりました。
なぜか2本ほど抜けてました。
2階床からの振動のせいなのですかねえ。

ここでは昔(というほどでもありませんが)の人の「家」に対する思い入れを感じます。


めっきり秋めいてきましたね。

汗ばむことはなくなり、服の袖も五分や七分に。
家の窓も全開では夜や朝方、肌寒く感じるようになりました。
あ、扇風機を片付けなくては。

たまった夏の疲れと気候の変化で体調を崩している人もチラホラ。

先週は中米を半年旅してきた友人と一年ぶりに再会。
わが家に二泊三日で、結婚前の思い出話に花を咲かせたり、旅の話を聞いたり
ぼーっとすごしたりして、「妻」や「母」ではない自分の中の何かに刺激を受けたいい時間でした。

とはいっても現実はあるわけで。
むやみやたらに現実逃避しないように気をつけます。

おいしいビールを発見したのでご紹介します。

白濁

ベルギーの発泡酒。
お酒に弱い私でもとってもおいしくいただきました。
カールスバーグやオリオンビールの飲みやすさにもう少しコクが加わった感じ、かな。
パッケージもかわいくてマル。
しばらくハマりそうです。


日曜日、お墓参り帰りに久しぶりの万博公園へ行ってきました。

年に2、3回は会いたい太陽の塔。
この日も秋空の元、どでーんとたたずんでおりました。

横顔を真下から眺めながら昼食、芝生でひたすら遊んでその帰り道、
出会ってしまったこちら
海洋堂さん、憎い仕事してくれます。
今はもう第2弾になってしまいましたが、第1弾の顔ぶれったらすばらしい・・・。

家族4人でガチャガチャって(笑)して、見事かぶらずに4種類ゲット。

海洋堂
ヤッター!

さらに、初めて見たポスターもテンション上がってゲット。

ポスター

太郎さんパワーをお土産に持って帰れた気分で家族全員大満足。
なぜか息子は普段と全く違う感じで「ハマっちゃいそう」とつぶやいておりました。また行きましょう。

総数529件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106

注文住宅、住宅リフォームなど、住まいに関すること何でもご相談ください

神戸の木の家.com produce by 南工務店
営業時間 9:00〜19:00 定休日 日曜・祝日
  • TEL:078-967-3175
  • お問い合わせ
  • 当社で建てるメリット 建売やハウスメーカーとは違った家づくりをご提案
  • 古民家再生 日本古来の伝統を守る匠の技のご紹介!!
  • 完成までの流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ
スタッフ紹介

私がおうかがいします!!

神戸の木の家.com
produced by 有限会社南工務店

〒651-2401
兵庫県神戸市西区岩岡町岩岡886-1
【TEL】078-967-3175
【FAX】078-967-2175
【MAIL】info@kinoie-kobe.com
【営業時間】9:00〜19:00
【定休日】日曜、祝日

携帯サイト

二次元バーコード
携帯電話で読み取れば携帯サイトへ簡単アクセスできます。